HOME > 当院の治療について > 歯周病とは

歯周病とは

歯周病(歯槽膿漏)とは

歯周病は、歯肉だけの病気と誤解して軽く考えている方も多いのですが、進行すると歯を支える顎の骨が溶けてしまう怖い病気です。歯を失う原因としても、高齢では虫歯よりも歯周病の方が多いのです。
歯が抜けたり、顎の骨が溶けてしまった後では、もう元通りに戻すことはできません。

歯周病は予防がいちばんですが、なってしまった後でも軽度のうちに適切な治療を行えば、回復します。
進行して歯が抜けてから後悔せずに済むよう、是非早めに治療を受けてください。

歯周病の専門医院の選び方

きちんとした治療を行うためには、歯周病治療を専門的に行っている医院を受診しましょう。
実は、きちんと歯周病の治療をおこなうことができる歯科医院は意外と少ないのです。
虫歯治療のついでに歯石を取るのではなく、歯周病治療のためにきちんと時間をとって、検査、説明、歯ブラシ指導を行い、治療後も定期検診を行って、長期的に健康な状態を保つ指導を行っていることが大切です。

熊谷歯科医院では、開院以来歯周病治療を重視し、徹底した治療と再発防止の指導を行っております。
院長は歯周病学会認定医、衛生士も歯周病についての専門的なトレーニングを受けています。

熊谷歯科医院の歯周病治療

歯周病の症状

健康な状態と歯周病にかかった状態

歯と歯肉のあいだには、すき間(歯周ポケット)があり、この歯周ポケットに細菌の塊であるプラーク(歯垢)などがたまって炎症を起こすことを歯周病といいます。
“沈黙の病(silent disease)”とも呼ばれるように、ほとんど自覚症状がないまま進行していくのが特徴です。

中高年の病気というイメージがありますが、実際は20〜30代から進行し、早い場合は15〜16歳のころに発症するケースもあります。
初期症状では、歯肉が腫れたり血が出たりという症状ですが、進行すると歯を支える骨(歯槽骨)が溶けて、歯がグラグラして最後には抜け落ちてしまいます。

「歯周病」と「歯槽膿漏」「歯肉炎」「歯周炎」は違うもの?

歯肉炎は、歯の周囲の歯肉が炎症をおこしている状態、歯周炎は、歯の周囲の組織にまで炎症が進み、歯の土台となる骨が溶けはじめている状態です。歯周病と歯槽膿漏は同じ意味の言葉で、歯肉炎と歯周病をあわせた総称です。

歯周病チェックリスト

下記の症状にお心当たりの方は、歯周病かもしれません。早めにご相談ください。

  •  □ 歯を磨いたり、フロスをして血が出る
  •  □ 朝起きたときに口のなかがネバネバする
  •  □ 前に比べて出っ歯になった(※)
  •  □ 食べ物がつまりやすくなった
  •  □ 口の中に血の味がする
  •  □ ガムをかんで、血の味がする
  •  □ 歯がグラグラする

(※)「最近出っ歯になってきた」という方、歯周病の自覚症状はなくても、もしかしたら歯周病かもしれません。歯周病が進行して、歯の土台となるあごの骨が溶けてくると、歯を支えることができなくなり、全体的に歯が出てくることがあるのです。

歯周病と全身疾患

最近、歯周病が心臓病などにも影響を与えることが知られるようになりました。
歯周病は菌による感染症です。口の中で増えた歯周病菌が、血管に流れ込んで全身を循環することで、口から離れた臓器にもトラブルを引き起こします。
普段から、歯周病の治療・口腔内のメインテナンスを受け、ホームケアもしっかり行って、お口の中を清潔に保つことが、全身疾患のリスクを下げることにもつながります。

心臓病手術前には歯周病治療を

歯周病により引き起こされる全身疾患のなかでも深刻な状態に陥りやすいのが心臓病です。
心臓の手術をしたあとは、手術をした箇所に歯周病菌が付着して症状が悪化しやすいといわれています。
また心臓手術のあとは、血液をサラサラにするお薬をのむことが多く、その間、出血の可能性のある歯石除去や、進行した歯周病への処置としての抜歯ができなくなってしまいます。心臓の手術をするまえは、しっかりと歯周病治療を終わらせる必要があります。

脳梗塞の原因にも

脳梗塞も、歯周病が原因で引き起こされる疾患のひとつです。血管に流れ込んだ歯周病菌が動脈硬化をおこして、脳梗塞になる可能性があります。

誤嚥性肺炎

誤嚥性肺炎は、抵抗力の低い人や老人におこる病気です。お口のなかに増殖した細菌を、つばと一緒に飲み込んで、通常は食道のほうにながれていくつばが、間違って肺のほうに流れてしまい(誤嚥)、肺が細菌に感染することで発症します。抵抗力が落ちているときこそ、お口の中を清潔に保つことが大切です。

早産・低体出産

妊娠している女性も、歯周病治療が大切です。羊水のなかに歯周病菌が入り、毒素を出すことによって、子宮が刺激され早産となり、低体重児が生まれる確率があがってしまうというデータがあります。

糖尿病

歯周病が糖尿病の原因となるわけではありません。しかし、糖尿病にかかると免疫機能が低下するため、歯周病の治りが悪く、症状も進行しやすいといわれています。 糖尿病の方も、歯周病のケアに力を入れていただければと思います。

家でできる歯周病予防

歯周病の発症と進行には、日常の生活習慣が深くかかわっています。歯周病を防ぐためには、食生活を改善したり、歯によくない癖に注意したり、といった、生活習慣の見直しが欠かせません。
そしてもうひとつ。毎日きちんと歯ブラシをすることです。
どちらも根気のいることですが、がんばればがんばるだけ、結果はあらわれるものです。

ホームケア 〜お口のなかを清潔に〜

歯ブラシ

歯ブラシ

歯周病の治療は「歯ブラシにはじまり、歯ブラシに終わる」といわれています。 朝昼晩、食事のあとは、必ず歯ブラシをしましょう。

歯と歯のあいだもきれいに

せっかく一生懸命歯を磨いても、歯と歯のあいだに汚れがたまっていると、そこから細菌が増えてしまいます。
デンタルフロス(糸)でも歯間ブラシでも大丈夫ですので、自分にあったケアグッズを見つけて、歯と歯の間も必ず清掃するようにしましょう。

生活習慣を改善しましょう

多くの方の場合、歯周病は生活習慣病です。食生活が改善されないと、歯周病は進行しつづけてしまいます。長いあいだの癖をなおすのは大変ですが、少しずつ挑戦してみましょう。

嗜好品をやめましょう。

たとえば、砂糖の入った缶コーヒーとたばこの組み合わせは、歯周病にとても悪いものです。どちらも習慣的に摂ってしまうものですので、まずは量を減らすところからはじめてみましょう。
また、お菓子や甘い飲み物など、習慣的な糖分の摂りすぎにも注意が必要です。

栄養のバランスのいい食事をとりましょう

まず、コンビニ弁当中心の食事はやめましょう。
既成の食品は思いもよらない量の糖分が入っていることも少なくなりません。自分でつくったものを食べて、食後は必ず歯を磨く、といった食事を中心としたリズムをつくっていきましょう。

癖・ストレスを改善しましょう

くいしばりに注意
くいしばりは、お口のなかの健康に悪影響を与えます。
就寝中の歯ぎしりもそうですが、日中も、意外とくいしばりをしているものです。仕事でパソコンに向かっているとき、家事をしているとき、くいしばっていませんか? 自分がどういったときにくいしばっているか意識して、少しずつ気をつけていきましょう。

ストレス
ストレスは、歯周病に限らず健康の大敵です。
できるだけストレスはためこまず、心身ともに健全な毎日を送るよう心がけましょう。

ホームケア+メインテナンス=健康な歯

以上のことに気をつけられるだけで、歯周病はかなりよくなると思います。
ただ、できるだけ長く自分の歯で快適に食事をするためには、どうしてもご家庭での努力だけでは不十分です。
ご家庭で歯周病予防に励んでいただくと同時に、定期的に歯科を受診してメインテナンスを受けることをおすすめします。

診療予約受付

熊谷歯科医院

〒165-0032
東京都中野区鷺宮3-32-5

鷺ノ宮 徒歩2分