虫歯治療 [保険/自費]

できるだけ削らない、抜かない治療を

治療風景

熊谷歯科医院では、「できるだけ歯を削ったり抜いたりしない」という考え方をベースに、健康な歯を長く残していけるような虫歯治療を行っています。

歯は一度削ると元には戻りません。進行がとまっている小さな虫歯を削ったり、すぐに歯や歯の神経を抜いたりせず、長い目で見たときに、できるだけ歯が健康な状態で残るような治療計画をご提案しています。

虫歯の保険治療と自費治療

保険でも十分な治療ができる場合には保険で治療を行っています。しかし、保険治療は精度や審美性に限界があるため、より高品質な治療を望まれる方には自費治療をお勧めします。

※セラミックの素材や治療法についてはこちらをご覧ください

審美治療

抜歯について

歯を抜くことには、さまざまな意見があります。
いずれ歯を抜かなければならないような状態になったときにも、その後の治療や、その歯に対する患者さんの思いや考えによって、歯を抜く時期というのも変わってきます。
たとえば、悪くなった歯を抜いてインプラントを希望される場合は、できるだけ早い時期に抜歯をして、インプラントを埋める骨を確保することが必要となります。悪くなった歯を、長期間治療していると、歯だけではなく、歯の土台となる骨までやせてしまい、インプラントが困難になることがあるからです。
ですが、インプラントは希望されず「多少悪くても、できるだけ自分の歯を使いたい」という思いの強い方の場合は、少しでも長く歯を残しておけるよう、抜歯は先延ばしにして、治療やサポートをおこなうことも大切だと考えます。
歯を抜くのがいいのか、悪いのか、一概には言い切れないのです。

インプラント

虫歯ってどうしてできるの?

虫歯になる原因の一つはミュータンス菌。口の中に糖分が入ってくると、ミュータンス菌が糖分を分解し、酸を作り出します。この酸が歯を溶かし、虫歯となっていくのです。

虫歯の進行

虫歯の進行1

C1:歯の表面のエナメル質に穴が開いた状態で痛みはありません。

虫歯の進行2

C2:虫歯が進行し、象牙質に達した状態。冷たいものがしみることも。

虫歯の進行3

C3:虫歯が歯髄に達しひどく痛みます。

虫歯の進行4

C4:歯髄は壊死し、虫歯菌が心臓病などを引き起こす
ことも。

虫歯は予防のできる病気です

虫歯も歯周病と同じく生活習慣病です。
ミュータンス菌などの虫歯菌の量や唾液の性質など、人それぞれ虫歯になるリスクも異なります。虫歯を予防するためには、自分の虫歯リスクを知ったうえで、自分にあった予防方法を知り、間食の回数を減らすといったことまで注意をしていく必要があります。

食事は量よりも回数に気をつけて

虫歯菌は、糖分をエサに増えて、酸を出し、その酸が歯を溶かします。
ですが、糖分をまったく摂らないというのは、現実的ではありません。食事を摂るコツがあります。

よく「お砂糖をいっぱい食べると虫歯になるよ」といいますが、本当でしょうか?

目の前に、100個のアメがあるとします。
この100個のアメを1時間でなめきった人と、1時間に1個ずつ、100時間かけてなめ続けた人では、どちらが虫歯になりやすいでしょうか?
実は、100時間かけてアメをなめ続けるほうが、虫歯になる確率ははるかに高くなります。
虫歯予防のことを考えると、食べ物を摂る“頻度”を少なく抑えることが大切です。少しの量でも、間食の回数が増えると、それだけ虫歯になる可能性が高くなるのです。

初診予約受付

050-3116-5115

熊谷歯科医院

PC版

〒165-0032
東京都中野区鷺宮3-32-5

050-3116-5115(予約専用)

03-5327-5347(代表)

[最寄駅]

西武新宿線鷺ノ宮駅
北口徒歩2分

西武池袋線中村橋駅
バス10分

[診療日時]

月曜日〜水曜日:10:30〜18:30
金曜日・土曜日:10:00〜17:00
休診日:木曜日・日曜日・祝日
(昼休み)13:00〜14:00
(最終予約受付)平日:18:00/土曜日:16:30

鷺ノ宮 徒歩2分 熊谷歯科医院