HOME >  虫歯治療

虫歯治療

できるだけ削らない、抜かない治療を

治療風景

熊谷歯科医院では、「できるだけ歯を削ったり抜いたりしない」という考え方をベースに、健康な歯を長く残していけるような虫歯治療を行っています。

歯は一度削ると元には戻りません。進行がとまっている小さな虫歯を削ったり、すぐに歯や歯の神経を抜いたりせず、長い目で見たときに、できるだけ歯が健康な状態で残るような治療計画をご提案しています。

抜歯について

歯を抜くことには、さまざまな意見があります。

いずれ歯を抜かなければならないような状態になったときにも、その後の治療や、その歯に対する患者さんの思いや考えによって、歯を抜く時期というのも変わってきます。

たとえば、悪くなった歯を抜いてインプラントを希望される場合は、できるだけ早い時期に抜歯をして、インプラントを埋める骨を確保することが必要となります。悪くなった歯を、長期間治療していると、歯だけではなく、歯の土台となる骨までやせてしまい、インプラントが困難になることがあるからです。

しかし、インプラントは希望されず「多少悪くても、できるだけ自分の歯を使いたい」という思いの強い方の場合は、少しでも長く歯を残しておけるよう、抜歯は先延ばしにして、治療やサポートを行うことも大切だと考えます。

歯を抜くのがいいのか、悪いのか、一概には言い切れないのです。

インプラント

虫歯の保険治療と自費治療

保険でも十分な治療ができる場合には保険で治療を行っています。
初期の虫歯でしたら保険治療でも十分でしょう。

ただ、少し進行した虫歯の場合、保険治療では材料や時間等制限が多く、さほど強度のない金属を使用することになり、保険適応のプラスチックを使用すると変色なども起こるため、長い目で見ると十分とは言えないかもしれません。

特に虫歯治療を行い、また数年後治療が必要になると、どんどん歯を削ることになり、歯がもろくなり最後まで残すことができなくなります。
ですから、できるだけ強度もあり、長年審美性も保たれ、一度治療を行うと長い間その状態を保つことができる治療を選択することが、患者さんの将来的なお口の機能を守ることにつながります。

虫歯治療を行う際、疑問点や不安に感じる点等ありましたらご相談下さい。

保険治療(虫歯) 自費治療(虫歯)
適用 初期の虫歯は、保険治療で十分な場合が殆どです。
審美性はあまり期待できず、最低限の機能的な回復が目的となります。
使用する素材や検査項目は限定されます。
高品質な治療を希望される方にお勧めします。
時間をかけた丁寧な治療が可能ですので、症状に最も望ましい治療を行うことができます。
自然に美しく仕上げることができます。
機能性、耐久性においても最高の素材が使えます。
治療時間 短い 長い
治療の素材 セラミックは使用できません。
金属、または白いプラスチック素材となります。
プラスチックは、審美性で劣り、数年で変色が起こります。
セラミック(白い陶製素材)が使用できます。
透明感のある自然な仕上がりで、変色せず、金属アレルギーの心配もありません(※)
金・白金も使用できます。
技工物の品質 標準的な品質 高品質
被せ物などの技工物の品質は、製作にかける時間や使用する材料の質により大きく変わります。
保険の範囲では仕上がりに限界がありますので、見た目も美しく、機能的にもピッタリ合う歯を希望される場合は、自費治療をお勧めします。

※セラミックの素材や治療法についてはこちらをご覧ください。

セラミック

虫歯ってどうしてできるの?

虫歯になる原因の一つはミュータンス菌という細菌です。口の中に糖分が入ってくると、ミュータンス菌が糖分を分解し、酸を作り出します。この酸が歯を溶かし、虫歯となっていくのです。

虫歯の進行

虫歯の進行1

C1:歯の表面のエナメル質に穴が開いた状態で痛みはありません。

虫歯の進行2

C2:虫歯が進行し、象牙質に達した状態。冷たいものがしみることも。

虫歯の進行3

C3:虫歯が歯髄に達しひどく痛みます。

虫歯の進行4

C4:歯髄は壊死し、虫歯菌が心臓病などを引き起こすことも。

虫歯は予防のできる病気です

虫歯も歯周病と同じく生活習慣病です。

ミュータンス菌などの虫歯菌の量や唾液の性質など、人それぞれ虫歯になるリスクも異なります。

虫歯を予防するためには、自分の虫歯リスクを知ったうえで、自分にあった予防方法を知り、間食の回数を減らすといった生活習慣まで注意をしていく必要があります。

食事は量よりも回数に気をつけて

虫歯菌は、糖分をエサに増えて、酸を出し、その酸が歯を溶かします。
しかし、糖分をまったく摂らないというのは、現実的ではありません。

食事を摂るにはコツがあります。

よく「お砂糖を沢山食べると虫歯になるよ」といいますが本当でしょうか?

目の前に、100個のアメがあるとします。この100個のアメを1時間でなめきった人と、1時間に1個ずつ、100時間かけてなめ続けた人では、どちらが虫歯になりやすいでしょうか?
実は、100時間かけてアメをなめ続けるほうが、虫歯になる確率ははるかに高くなります。

虫歯予防のことを考えると、食べ物を摂る“頻度”を少なく抑えることが大切です。少しの量でも、間食の回数が増えると、それだけ虫歯になる可能性が高くなるのです。

むし歯予防についてはお口を管理することが大変重要です。ぜひ「お口を管理する方法」もご参照下さい。

 

通常のお問い合わせ

治療に関するご連絡:050-1865-0171
その他は代表番号へ:03-5327-5347

診療時間
月曜~水曜:10:30~18:30
金曜/土曜:10:00~17:00
休診日
木曜日・日曜日・祝日

緊急のお問い合わせ

※診療時間外の緊急なお問い合わせ

080-4004-1968

熊谷歯科医院(医院案内

東京都中野区鷺宮3-32-5

電話番号
治療に関するご連絡:050-1865-0171
その他は代表番号へ:03-5327-5347
メール
info@smile888.net
初診のご予約
初診予約システム
再診のご予約
再診予約フォーム