HOME >  ブリッジ

ブリッジ

ブリッジは歯が抜けた際の、治療法の一つ

ブリッジは歯が抜けてしまった部分を補う方法の一つです。よく、歯が無くなると「入れ歯」や「インプラント治療」と思われますが、その他に、もう一つ「ブリッジ」という方法があります。

ブリッジ

ブリッジ

ブリッジとは、歯が抜けた部分を補うために、両隣の歯を支えとして橋(ブリッジ)を架けるように連結冠を被せる方法です。
隣の歯にしっかり固定されますので、ガタつかずに良く噛めるようになります。抜けた歯が1~2本の場合に適する治療法です。

ただし、支台とする両隣の歯を削ってクラウン(冠)を被せる必要があり、健康な歯を削ったり、場合によっては神経も取らなければならないことがある点がデメリットです。

ブリッジの品質に関するご注意

ブリッジを長く快適に使用するためには、高品質のクラウンを作ることをお薦めいたします。
特に、両隣の歯を削るという犠牲を払っているわけですから、機能性・審美性・耐久性共にそれに見合ったブリッジをお作りになるのがよいかと思います。

保険のブリッジは、素材の品質や技工的な精密さという点で十分なものを作成することが難しく、お薦めできません。そのため、当院では保険内の治療をご希望される方には、ブリッジではなく「一本義歯」をお薦めしています。

他に、抜けた歯を補う方法にはインプラント治療もありますので、どの方法が一番適しているか、ご希望をお伝えのうえ詳しくご相談ください。

ブリッジの保険治療と自費治療の違い

ブリッジの保険治療の場合と自費診療の場合の違いをまとめています。

保険治療 自費治療
ブリッジ治療 当院では、保険のブリッジはお薦めしません。

保険のブリッジは、前歯は金属にプラスチックを被せた素材、奥歯は金属となります。
素材の点からも、また技工の精密さの点からも、機能性、審美性、耐久性の点で十分とはいえないため(特に両隣の歯を削るという犠牲を考慮した場合)、お薦めしていません。

保険内の治療を希望される方には、ブリッジではなく「一本義歯」(クリップで止める入れ歯)をご紹介しています。

ブリッジは自費治療をお勧めしています。
セラミックを使用し、審美的なブリッジが可能です。また、機能性(咬み心地)、耐久性(長くもつ)の点からも高品質なものができます。

ブリッジ・入れ歯・インプラントの比較

ブリッジ、入れ歯、インプラント、の3種類の方法について、メリット、デメリットをお伝えします。どの方法がよいのか、歯科医師と相談される際の参考になさってください。

メリット デメリット 保険/自費
ブリッジ
(連結冠)
ガタつかずにしっかり噛めるようになる。
見た目も自然。
両隣の歯を削る必要がある
(連結冠の支台にするため)
自費を推奨
(当院では保険のブリッジはお薦めしません)
入れ歯
(部分入れ歯、
総入れ歯)
他の歯を殆ど削る必要がない。
(わずかに削る場合もあります)
多数の欠損歯を一度に補うことができる。
ガタついて噛み心地が良くなかったり、装着に違和感がある場合がある。
固定用のバネが見える。
保険/自費共に可
インプラント
(人工歯根)
人工歯根を埋入することで、しっかり固定して噛めるようになる。
他の歯を削る必要がない。
見た目も自然。
人工歯根を埋め込む手術が必要。
顎骨の状態によっては適用できない場合がある。
自費

一般的なブリッジ治療の目安

標準費用(自費診療)
275,000円~550,000円(税込)※3本の場合
通院回数/治療期間
週1回/2か月~3か月
副作用・リスク
ブリッジを被せる際、周りの歯を削ったり、場合によっては神経をとる場合もあります。

通常のお問い合わせ

治療に関するご連絡:050-1865-0171
その他は代表番号へ:03-5327-5347

診療時間
月曜~水曜:10:30~18:30
金曜/土曜:10:00~17:00
休診日
木曜日・日曜日・祝日

緊急のお問い合わせ

※診療時間外の緊急なお問い合わせ

080-4004-1968

熊谷歯科医院(医院案内

東京都中野区鷺宮3-32-5

電話番号
治療に関するご連絡:050-1865-0171
その他は代表番号へ:03-5327-5347
メール
info@smile888.net
初診のご予約
初診予約システム
再診のご予約
再診予約フォーム