HOME > 治療内容 (保険/自費) > 歯の神経の治療(根管治療)

歯の神経の治療(根管治療)

「歯の神経をとる」「歯の神経を抜く」などといいますが、虫歯やケガなどで炎症を起こした歯の神経(歯髄)が、腐敗しないようにきれいに取り除き、根の先端まで薬を詰める治療を「根管治療(歯内療法)」といいます。
以前に虫歯の治療をしたけれど、根管治療が不十分だったために歯根に膿がたまって化膿している、などのトラブルは非常に多く、そういったケースの再治療も多く行っています。神経の治療をきちんと行うことはとても大切で、当院は根管治療を得意としています。

根管治療について、詳しくはこちらをご覧ください。 根管治療とは

熊谷歯科医院の神経の治療の特長

  • マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を使用したハイレベルな治療を行っています。
  • 神経をできるだけ残すことを考慮したうえで、どうしても神経の治療が必要な場合は、再治療の必要がないよう細心の注意をはらって根管治療を行います。

神経の治療にマイクロスコープを使用します

神経の治療にマイクロスコープ(デジタル顕微鏡)を使っているかどうかは、ハイレベルな治療をおこなっているかどうかのチェックポイントのひとつになります。歯の神経の根っこは細かく、神経の治療の成功のカギは、神経や感染物質を完璧に取り除けるかどうかにかかっています。デリケートな操作が要求される神経の治療にはマイクロスコープが威力を発揮するのですが、国内でこれを導入している歯科医院は、驚くほど少ないのです。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

歯の神経の治療を受ける医院を選ぶときは、マイクロスコープを使っているかどうかを、まずチェックしましょう。

歯の神経の治療(根管治療)の治療例

虫歯が歯の根まで達してしまったり、歯の根の病気にかかってしまった場合には、歯の中にたまった膿や死んだ神経をきれいに取り除いてあげる必要があります。これがきちんと取れていないまま詰め物・被せ物をすると、再び根の中で細菌が繁殖し、トラブルの原因となりかねません。

歯の神経の治療(根管治療)の治療例

まず、歯の根の先を確認(根尖確認)してから、リーマーと呼ばれる細長い器具を使って膿・死んだ神経を取り除いていきます。そして消毒を行い、お薬を歯の根の先までくまなく充填していきます。

根尖確認後、リーマーと呼ばれる細長い器具を使って膿・死んだ神経を取り除く

下の写真は、治療前と治療後の状態を比較したものです。良好な回復を見せています。

治療前と治療後

根管治療の保険治療と自費治療

神経の治療(根管治療)は、基本的に保険治療で対応しておりますが、根管治療のみをご希望の場合は自費となります。

  保険治療(根管治療) 自費治療(根管治療)
マイクロスコープ 使用します。 使用します。
適用 通常の歯の治療の一環としての根管治療は、保険診療で行っています。 ・根管治療のみをご希望の場合は、自費での対応となります。(根管治療のみ当院で行い、歯冠の作成などは他医院で行う場合)
・特殊な薬剤を使用する場合
診療予約受付

熊谷歯科医院

〒165-0032
東京都中野区鷺宮3-32-5

鷺ノ宮 徒歩2分