HOME > 治療内容 (保険/自費) > インプラント

インプラント

インプラントとは、人工歯根ともいい、自分の歯を失った場所に、人工の歯根を埋め込み、見た目と機能的を、元の歯に近い状態にする治療方法のことです。

インプラントの仕組み

インプラントの仕組み

インプラント治療では、歯が抜けた場所に人工歯根(インプラント体)を埋め込み、その上に人工の歯を取りつけます。インプラント治療の成功の鍵は、最初の診査・診断、治療計画にあります。熊谷歯科医院では、インプラント専門医と連携して治療をおこなっておりますので、安心してご相談ください。

インプラントができた本当の理由

失った歯の本数が少なければ、ブリッジや部分入れ歯など、治療の選択肢は複数あります。ですが、歯を全部失ってしまった方の場合は、総義歯(総入れ歯)以外に、治療方法はありませんでした。
ですが、歯をすべて失ってしまった方の場合、顎が細くなってしまう方も多く、あわない総義歯と付き合っていかざるをえなかったのです。
インプラントの登場により、インプラントを数本うって、そのうえに総義歯を固定することができるようになりました。インプラントで固定することにより、総義歯でもものが噛めるようになったのです。

インプラント治療

一口にインプラント治療といっても、さまざまなケースが考えられますが、ここでは

  •  ・インプラントを埋め込んで、入れ歯の固定源とするケース
  •  ・失われた個々の歯をインプラントで補うケース

の2つをご紹介いたします。

インプラント+入れ歯の症例

下顎のインプラント治療を行って、再び噛める喜びをとりもどしたAさんのケースです。

インプラント+入れ歯の症例
総入れ歯を固定するためのインプラントを埋め込んだところです。

インプラント+入れ歯の症例

インプラント+入れ歯の症例

噛み合わせを入念に調整しながら、入れ歯を作成していきます。入れ歯を快適に使用していただくための、大切な作業です。

インプラント+入れ歯の症例

インプラント+入れ歯の症例

完成した入れ歯を装着したところです。従来の総入れ歯にはない、しっかりした噛み心地が得られました。

<Aさんの感想>

インプラント治療を受けてから、生活が前向きになりました。 家族には「顔つきや話すときの表情がよくなった」と言われるようになり、友人の話では「声が何歳か若返って、電話の声が聞き取りやすくなった」そうで、とてもうれしくなります。でも、一番うれしいのは、食事をするのが楽しくなったことです。以前のように、何を食べるにも入れ歯と相談、これは噛みにくいから食べるのを中止しよう・・・そんな情けないことは考える必要がなくなりました。 インプラントにしてよかったと、しみじみ思います。

一部だけインプラントの症例

一般に失った歯を補う治療法としては、ブリッジを思い浮かべる方が多いかと思います。しかしブリッジを入れるには、まわりの歯を削る必要があります。インプラントという新しい選択肢によって、まわりの歯はそのままに、失った歯を補うことができるようになりました。

[ インプラント治療前 ]

インプラント治療前

前から見れば普通に見えるのですが、裏から見ると、歯が折れてしまっています。

[ インプラント治療後 ]

インプラント治療後

インプラント治療後7日後の写真です。
抜歯した時点でインプラントを埋入し、その日は応急的につくった仮歯を入れて終わります。後日、インプラント埋入による歯肉の傷が回復したところで、最終的なきれいな被せ物に換えていくことになります。

歯を失う前に知ってほしい「歯の大切さ」

歯の大切さは、歯を失ってはじめて実感するものです。
皆さん、インプラントで状態が改善されてはじめて、実は歯を失ったことで、想像以上に生活の質が低下し、喜怒哀楽の感情が奪われていたことに気づかれます。
インプラントは画期的な治療法ではありますが、やはり生涯、自分の歯で噛むことができれば、それが一番です。どんなに裕福な方でも、一度失った自分の歯を再び手に入れることはできません。誰もが、歯を失わないように、大切にするしかないのです。
皆さんが、ご自分の歯を失う前に「歯の大切さ」を知り、その気持ちをずっと持ち続けられるようになったら……と心から願っています。

診療予約受付

熊谷歯科医院

〒165-0032
東京都中野区鷺宮3-32-5

鷺ノ宮 徒歩2分