HOME > 治療内容 (保険/自費) > ホワイトニング(歯を白くする)

ホワイトニング(歯を白くする)

ホワイトニング と クリーニング の違い

似ているので混同される方が多いのですが、「ホワイトニング」と「クリーニング」は全く別の方法です。
目的や仕上がりの歯の色が異なりますので、ご注意ください。

ホワイトニング

薬剤を使って脱色しますので、髪を脱色するのと同じで、ご自分の歯の元の色よりも白くできます。
コーヒーなどの飲食物や加齢によって黄ばんだ歯や、遺伝的に黄色い場合でも、白くすることができます。
(差し歯や詰め物などの人工歯を白くすることはできません)

クリーニング

歯の表面についた汚れや色を落とす「歯のお掃除」です。歯垢(プラーク)や歯石、タバコのヤニや茶しぶなどを除去するのに効果的ですが、元々の歯の色以上に白くすることはできません。

ホワイトニングの効果

歯を白くしたい、とご希望の方には「ホワイトニング」がお勧めです。
歯に薬剤を塗って色素を脱色することで白くする方法で、「ブリーチング」とも呼ばれます。
元々の歯の色よりも、さらに白くすることも可能で、歯を削ったりせずに手軽に白い歯にできるため、多くの方にご利用頂いています。

ホワイトニング

ホワイトニングの種類

ホワイトニングには、下記の3種類があります。お好みに合わせてお選びください。

オフィスホワイトニング

医院(オフィス)で行うホワイトニングです。
歯にホワイトニング剤を塗り、効果を高める光線を照射して色素を漂白し、歯を白くします。
1回ですぐに白くしたい方、手間をかけずに白くしたい方にお薦めです。              

ホームホワイトニング

ご自宅(ホーム)で行うホワイトニングです。
医院で歯型をとってマウストレーを作り、ご自宅でマウストレーに薬剤を入れて歯に装着してホワイトニングを行います。
オフィスホワイトニングより弱い薬剤を使用しますので、刺激が少なく、徐々に自然な白さに仕上げることができます。
追加の薬剤を購入することで、繰り返し使用できますので、定期的に実施して白さを保ちたい方にお薦めです。

ウォーキングブリーチ

神経(歯髄)を抜いた歯は徐々に黒ずんできますが、歯の外側から脱色するホワイトニングでは、あまり効果が出ません。その場合、歯の中側から脱色をして歯を白くするウォーキングブリーチという治療があります。
歯の裏側に穴をあけて中に薬剤を入れ、歯の中側から白くしてゆきます。白くなった時点で薬剤を取り除き、穴をふさぎます。薬剤を入れている間(数週間程度)、歩きながら漂白ができる、というので「ウォーキングブリーチ」という名がついています。

ウォーキングブリーチ

ホワイトニングの料金

※ホワイトニングは審美目的ですので、自費診療となります。                  (税別)
  治療費
オフィスホワイトニング
(歯科医院で行う)
1歯1回あたり:3,000円
ホームホワイトニング
(ご自宅で行う)
30,000円 (マウストレーの作成と薬剤)
※ 追加の薬剤は、3,000円で購入できます
ウォーキングブリーチ
(神経のない歯の漂白)
1歯1回あたり:15,000円
診療予約受付

熊谷歯科医院

〒165-0032
東京都中野区鷺宮3-32-5

鷺ノ宮 徒歩2分