熊谷歯科医院では歯科治療を通じ
全身の健康と患者さんの幸福を
プロデュースして参ります

Pick up

2022年7月28日
お知らせ 出版のお知らせ:「歯の話をしませんか?」
2022年5月31日
患者様へ 口腔粘膜疾患の鑑別について
2022年2月28日
患者様へ DENTAL LIFE DESIGN に掲載されました

口腔内治療から全身の健康

 

当院院長の熊谷は日本歯周病学会認定医です。

当院は歯周病治療をはじめ、虫歯治療や義歯、定期健診などお口の健康にかかわるトラブル全般について丁寧に、的確に治療しています。

また、虫歯などを⼀時的に削って治すのではなく、生涯にわたって健康な歯で過ごせるよう、生活習慣を含めてサポートし、治療を行っています。熊谷医院(内科)との連携や、当院へ通院してくださっている患者さんへの訪問診療も行っており、生涯に亘り患者さんに寄り添う治療を⽬指しています。

診療メニュー

熊谷歯科医院では、保険治療、自費診療ともにご相談いただけます。
気になる症状や、⼈には相談できないお口の悩みなど、
どんなことでもお気軽にご相談下さい。

歯周病について

歯と歯肉のあいだのすき間(歯周ポケット)に細菌の塊であるプラーク(歯垢)などがたまって炎症を起こすことを歯周病といいます。

歯周病は歯が抜けたり、顎の骨が溶けてしまった後では、もう元通りに戻すことはできません。また、歯周病の原因となる菌がお口から全身に周ることで、全身疾患にも影響を与えています

世界初の歯周組織再生薬品
「リグロス(REGROTH)」

歯周病が進行すると歯を支えている歯根膜や歯槽といった歯周組織が破壊されます。失われた歯周組織は元の状態へ自然に回復はすることはありませんが歯周組織の破壊の程度によって歯周組織再生治療が可能になります。

歯周組織再生剤リグロス®は、線維芽細胞成長因子(bFGF)を主成分とする薬品で「bFGF」は傷を治りをよくする作用があり、傷を負った部分(歯周組織)に塗布することで再生を促します。詳しくはお問い合わせください。

保険と自費の入れ歯について

熊谷歯科医院では保険の入れ歯も自費診療の入れ歯も取り扱っています。

入れ歯には総入れ歯、部分入れ歯など用途により様々な種類があります。
患者さんのお口の中の状況から用途と、ご希望等を加味し、お支払い方法(保険治療、自費治療)、素材(審美性、強度)など、 より適したご提案をさせていただきます。

年代別お口のケア

90歳まで噛める歯でいるために

何歳まで自分の歯で食べられますか?


厚生労働省平成28年歯科疾患実態調査より

人間の歯は乳歯から永久歯に一度しか生え変わりません。永久歯が生えそろうのが12歳ぐらいですから、その後は代えのきかない永久歯を使い続けなければいけません。

日本人の平均寿命は厚生労働省年平成21年簡易生命表によると男性79.59歳、女性86.44歳ですから、永久歯はだいたい70年~75年ほど使い続けることになります。かなり長い期間です。身の回りの道具を思い浮かべてみても、70~75年間毎日使い続ける道具はそうないはずです。ご自身の歯をいかに長く使って人生を楽しめるかは、一人一人の心がけとお手入れにかかっています。

世代別お口のケア

それぞれの世代で、「歯のために、今おこなっておくべきこと」をご紹介します。

これらに気を付けて、世代ごとの問題をクリアして頂くことで、歯の状態を格段に良い状態に保っていただけます。


当院の衛生管理

感染症対策のために治療に使う器具の滅菌システムをクラスB(世界最高水準)の滅菌が可能な機材へ入れ替えました。(2020年10月) これからも、さらに安心安全に診療が出来る様にしっかりと取り組んでいきたいと思います。

その他、受付のシールドや消毒、治療中のフェイスシールド、こまめな換気等、感染対策を行っています。

 

 

通常のお問い合わせ

治療に関するご連絡:050-1865-0171
その他は代表番号へ:03-5327-5347

診療時間
月曜~水曜:10:30~18:30
金曜/土曜:10:00~17:00
休診日
木曜日・日曜日・祝日

緊急のお問い合わせ

※診療時間外の緊急なお問い合わせ

080-4004-1968